男三人芝居 タイトル未定

いま18,000文字くらい。 一週間で1,000文字というわりとゆっくりペースでの進み具合。 まあでも先は見えてきた気がします。 写真は今日行った明月院の丸窓。 禅宗のお寺の建築様式だそうですね。 禅の教え、悟りの窓とも。 何かにとらわれることのない、ありのままの自然。 自分の心をうつす窓。 なにかいいですね。 よ…
コメント:0

続きを読むread more

新しい台本 タイトル未定で16,000文字くらい進みました

この時期、紫陽花なら鎌倉、菖蒲なら横須賀が有名ですね。 でも横浜にも小規模ながら菖蒲の群生が見られると思い立って横浜三渓園へ。 行ったのも遅かったけれど、はじめて閉園時間までねばりました。 それにしても日が延びましたね。 新しい台本はタイトル未定で16,000文字くらい進みました。 これでタイトルが決まればスパートがかかる…
コメント:0

続きを読むread more

本牧から新山下まで

運河をつたって歩きました。 大規模なモールが出来ていてずいぶん変わったなぁと思ったり、もう何十年も前からある釣り船屋たちがそのままの形で残っていたり、変化と懐かしさを味わった曇天の土曜日。 このあと本牧ゴールデンカップの前を通ったけれど、今回も前を通っただけで入れずに帰ってきました。
コメント:0

続きを読むread more

道志村 もくめ書店へ

寝る前に読む本を求めて山梨県道志村のもくめ書店まで行って来ました。 木々に囲まれた店内で本を選んだり、店主さんと雑談したり、お茶を飲んだりの小一時間。 気持ちのいい時間を過ごしました。 近くを流れる川には沢ガニがいるそうなので覗いてみましたが、そんなに簡単には見つけられませんでした。 購入した本は超スローペースで読んでいきたいと…
コメント:0

続きを読むread more

熊谷守一美術館を訪ねて(豊島区要町)

作品は好きだったけれど、この人の生き様のかっこよさをはじめて知りました。 風貌も仙人というかスナフキンみたいにも見えます。 「モリのいる場所」という熊谷さんをモデルにした映画も作られていますが、しばらくは自前の想像で守一さんを崇めていきたい思います。 当時の日本ではなかなか評価されなかったらしいですが、我が道を行く強さ、勇気のよう…
コメント:0

続きを読むread more

カテゴリ

ラベルリスト

商品紹介